渋谷・鹿児島《おはら祭》公式サイト 渋谷でおはら 渋谷・鹿児島おはら祭実行委員会

HOME > おはら祭について

渋谷・鹿児島おはら祭について

 

本家・鹿児島おはら祭の由来

本家・鹿児島おはら祭本家・鹿児島おはら祭「おはら祭」の名前の由来は、鹿児島の代表的民謡「おはら節」。この民謡が生まれた一節として、江戸時代の初めに、日向国・安久(現・宮崎県都城市)の武士が陣中で唄った唄を、鹿児島の原良(はらら)の武士が、帰国後、歌詞を作って歌い始め、それが鹿児島一円に広がるにつれ、原良に「お(小)」が付いて「小原良(オハラ)節」と呼ばれるようになりました。この「おはら祭」は、昭和24年に「鹿児島市政60周年」を記念して始まり、鹿児島市とともに発展を遂げ、鹿児島の秋の風物詩として定着しました。総勢2万人を超える踊り手が、郷土民謡「おはら節」や「鹿児島ハンヤ節」、そして近年では渋谷・鹿児島おはら祭で踊られています「渋谷音頭」の曲に合わせて、南九州随一の繁華街「天文館」一帯を練り踊る様子は圧巻で、鹿児島の人々の情熱や温かさ・優しさを肌で感じる場面に数多く出会います。

[参考ホームページ]鹿児島市観光サイト「よかとこかごんまナビ」 http://www.kagoshima-yokanavi.jp/
[お問い合わせ]鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコールかごしま TEL:099-808-3333

渋谷・鹿児島おはら祭の由来

渋谷・鹿児島おはら祭渋谷・鹿児島おはら祭毎年5月中旬の土曜日・日曜日に、渋谷109前を交通止めにして、道玄坂・文化村通りをメイン会場に開催されます。まさに、南九州最大の「おはら祭」を東京・渋谷での再現です。「渋谷」と「鹿児島」の縁(えにし)は古く、鎌倉時代に渋谷氏が所領を得て、一族をあげて薩摩に移住したとあります。「渋谷・鹿児島おはら祭」も、その流れをくむ「ふるさとへの思い」を強くするお祭りで、当時の渋谷区長と鹿児島出身の経済人のご尽力で平成10年4月に始まった踊りパレードです。「第18回 渋谷・鹿児島おはら祭」では、関東連・鹿児島連の67連、約2,600人の踊り手が「おはら節」、「渋谷音頭」、「ハンヤ節」、「TOKYOオハラ」を踊りながらパレードを繰り広げます。また、沿道では、鹿児島の物産展や観光案内なども開かれています。平成12年には、渋谷区と鹿児島市で防災協定が締結されて「絆」がより深まり、これまで以上に交流が広がることが期待されています。

[お問い合わせ]渋谷・鹿児島おはら祭実行委員会 TEL:03-3373-7381
        E-mail:

渋谷で、なぜおはら?
渋谷と鹿児島は古くから深い結びつきがあった

渋谷一族、薩摩に入国渋谷一族、薩摩に入国渋谷一族、薩摩に入国
渋谷一帯を所領する相模国の豪族渋谷氏は、源頼朝が鎌倉幕府を開いた後、源平合戦の功により、はるか薩摩の地、今の薩摩川内市あたりに所領を得て一族をあげて移住しました。薩摩での渋谷家は五家に分かれ、土地の名を取り入来院氏、祁答院氏、東郷氏、高城氏、鶴田氏を名乗りました。この東郷家から700年後に出たのが東郷平八郎です。


金王八幡宮金王八幡宮金王八幡宮
金王八幡宮は、渋谷一帯を所領していた豪族渋谷氏の祖・河崎基家によって、寛治6年(1094年)に創建されました。その子・重家の時に渋谷の姓を賜り、これが今日の渋谷の地名の起源とされています。元は渋谷八幡宮と称されていましたが、後に重家の子・金王丸の名声にちなんで金王八幡宮と称されるようになりました。


東郷神社東郷神社東郷神社
東郷神社のご神体は、日露戦争の日本海大海戦で大勝利をおさめた連合艦隊司令長官「東郷平八郎」元帥(1847~1934)です。東郷元帥は鹿児島生まれました。没後には、祖先の地・渋谷に神社が建てられました。


西郷馬車道通り西郷馬車道通り西郷馬車道通り
渋谷の猿楽町を通る「西郷馬車道通り」は、西郷隆盛の従弟の従道の邸宅が西郷山公園(目黒区)にあった明治時代、都心の官庁まで馬車で通っていた時から「西郷どんの馬車道通り」と呼ばれていました。現在、この地区には「渋谷西郷馬車道通り商店会」があります。


薩摩藩渋谷藩邸薩摩藩渋谷藩邸薩摩藩渋谷藩邸
渋谷区広尾(現・國學院大学キャンパス)に薩摩藩渋谷藩邸がありました。三田・高輪にあった江戸の薩摩藩邸は海の近くで、黒船の来航による砲撃の危険から、島津斉彬は内陸部に新しく屋敷を求めました。篤姫は、ここから江戸城へ輿入れしました。


忠犬ハチ公忠犬ハチ公忠犬ハチ公
帝展彫刻審査員で鹿児島出身の安藤照は渋谷の住人で、大のイヌ好きでした。昭和9年(1934年)に忠犬ハチ公の銅像を造りました。鹿児島市城山の西郷隆盛像は、安藤照によって昭和12年(1937年)に建立されました。なお、現在の渋谷のハチ公像は、照の子息の安藤士(あんどう・たけし)氏の作品(昭和23年:1948年)です。


西郷橋・西郷山公園西郷橋・西郷山公園西郷橋・西郷山公園
渋谷区と目黒区の境、旧山手通りに、明治の初めに西郷隆盛・従道が渡った西郷橋があります。現在、隣接した西郷邸跡は、西郷山公園(目黒区)となっています。120有余年にもわたって、橋の名前に人名が残っているのはきわめて少ない例です。


渋谷・鹿児島おはら祭の絆

防災協定防災協定防災協定
平成12年4月、渋谷区と鹿児島市は、自然災害に対して、友愛精神にもとづき、相互に応援するため「鹿児島市および渋谷区災害時相互応援に関する協定」が締結されています。


おはら節の踊り手本(動画)

制作:おはら祭振興会(指導:永田 明子/表現:青木 満子)

おはら節(音源)

ホームホーム
ニュースニュース
おはら祭についておはら祭について
第20回 渋谷・鹿児島おはら祭第20回 渋谷・鹿児島おはら祭
第19回 渋谷・鹿児島おはら祭第19回 渋谷・鹿児島おはら祭
第18回渋谷・おはら祭第18回渋谷・おはら祭
第17回渋谷・おはら祭第17回渋谷・おはら祭
フォトコンテストフォトコンテスト
第20回 渋谷・鹿児島おはら祭第20回 渋谷・鹿児島おはら祭
第19回 渋谷・鹿児島おはら祭第19回 渋谷・鹿児島おはら祭
第18回渋谷・おはら祭第18回渋谷・おはら祭
第17回渋谷・おはら祭第17回渋谷・おはら祭
ギャラリーギャラリー
第20回 渋谷・鹿児島おはら祭第20回 渋谷・鹿児島おはら祭
第19回 渋谷・鹿児島おはら祭第19回 渋谷・鹿児島おはら祭
第18回渋谷・おはら祭第18回渋谷・おはら祭
第17回渋谷・おはら祭第17回渋谷・おはら祭
参加漣紹介参加漣紹介
事務局から事務局から